New 718ボクスター登場!

ボクスターが、4気筒ターボになって718ボクスターとして登場。

718Boxster10.jpg

「718」の名前は、1958年のル・マン24時間レースでクラス優勝をはたしたレースマシンに由来する。

それまで、著名な自動車レースで多くの栄光を勝ち取ったスポーツカー550スパイダーの後継機として、1957年に4気筒エンジンを搭載するミドシップのレーシングカーが登場した。これが718。

718F1、718RSKなど、様々なレースのレギュレーションに合わせて、いくつかの型式が登場するなかで、1960年のレース用に14台のみ生産された718 RS60 スパイダーが、初代ボクスターのデザインの元になったとも言われている。

今回のラインナップでは、ボクスターとケイマンの価格が逆転した。

普通、クーペよりオープンの価格が上だけど、この2つのモデルでは、オープンのボクスターが先に作られた経緯から、ケイマンのほうが高かった。

名前を718と統一し価格も整理することで、ポルシェの歴史にしっかりと組み込まれた感じかな。

※写真はポルシェジャパン壁紙より
http://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster/gallery/?gtabindex=2




《スポンサー広告》


《ビットコインを始めるなら安全な取引》
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で